全国に展開する結婚相談所【理想の結婚相手を見つける】

気軽に初められる婚活方法

婚活をしたいが、結婚相談所に抵抗があるのなら、気軽に参加できる街コンがおすすめです。街コンはイベントを通して、複数の異性とコミュニケーションができますので、良い出会いが見つかりやすいといわれています。

年配者の成婚を後押し

レディ

京都の結婚相談所の仕組みは、プロによるアドバイスと、データによるマッチングで成婚を後押ししています。年配の入会者も多いのが特徴で、年齢や結婚の有無なども考慮したお見合い、パーティーなど、出会いのセッティングを執り行ってくれています。

理解しやすい環境

夫婦

社内恋愛は、休日や休憩を合わせやすかったり、社内のイベントも一緒に参加できるので、毎日好きな人に会いたい人にはおすすめです。お互いの仕事が分かっているので、忙しさも理解してあげられるし、共通の話題もあるので話にも困りません。

婚活をサポートする組織

赤い糸とカップル

自身の希望にこだわらない

結婚相談所とは結婚したい人同士のお見合いをサポートする組織です。会員制になっており、入会する時には結婚相手に望むこと、自身の年収、職業などの個人情報を書いて提出します。結婚相談所には必ずアドバイザーがおり、その人が提出された情報に基づいてマッチングするのです。東京には多くの結婚相談所があります。大手の相談所と小規模で地域に密着した相談所があります。どちらを選ぶかは人によって違います。例えば東京で働いている人が同じ出身地の人と結婚した場合は、全国展開の大手の結婚相談所を選びます。全国展開しているので、自分の出身地の人を選びやすくなります。出身地にこだわらず、同じ東京で暮らしている人と結婚したい場合は地域密着型の小規模の結婚相談所を選びます。小規模なのでアドバイザーが1人1人の会員にきめ細かいアドバイスをしてくれます。多くの企業が東京に集まっているので結婚相手を探しやすいと思われがちですが、実は男女の出会いというのは少ないのです。地方では人間関係の結びつきがまだ色濃く残っているので、知人を介しての紹介などがあります。東京のような大都会では人間関係が希薄なので、男女の出会いも少ないのです。そのため結婚相談所がたくさんあり、入会する人が多いのです。結婚相談所を上手に利用するコツは、自身の希望にこだわらないことです。例えば年収800万の男性と決めてしまうと、相手が見つかりにくくなります。600万円でも相性の良い人が現れたら、希望にこだわらずに決めた方が幸せな結婚ができます。